薄毛に効く代表的な栄養素3種とその栄養素を含む食品

薄毛に効く代表的な栄養素3種とその栄養素を含む食品

年齢が上がってくると、男性の悩みの1つとして薄毛や抜け毛が上げられると思います。

 

 

また、女性も年齢が上がるにつれて、頭のてっぺんのボリュームが減ってしまうという悩みをよく聞きます。薄毛対策の医薬品や美容液なども多く販売されていて、それらは直接頭皮に栄養や薬を与えることで改善、または症状を遅らせる効果が期待できます。しかし、体の内側からのケアも大切で、薄毛や抜け毛を改善する効果のある栄養素をしっかり摂ることで、髪の毛自体のハリを強くすることができます。その代表的な栄養素としては3つの種類が上げられます。

 

髪の毛の成分となるたんぱく質

 

人間の体はすべてタンパク質からできていて、髪の毛も同様タンパク質からできています。髪の毛のタンパク質はケラチンといって、いくつかの種類のアミノ酸が結合してケラチンというたんぱく質を構成しています。そのケラチンのものとなっているアミノ酸のなかでも髪の毛を強く健康的な状態にしてくれるアミノ酸が、シスチンとメチオニンです。シスチンやメチオニンは、肉類、魚介類、穀類など多くの食品に含まれているので、それらの食品を心掛けて食べることで、健康的なハリのある強い髪の毛を作り出すことができます。

 

健康的な髪の毛を作るために必要なミネラル

 

身体を健康的に保つために必要な栄養素として使われるミネラルですが、骨や歯の形成、体液の浸透圧の調節など生命の維持に関わる大事な役割ももっているため、摂取量が少ないと、生命に関わるほうに多く使われてしまい、髪の毛への働きが減ってしまい、その結果薄毛につながる原因となってしまいます。そのため、薄毛が気になり始めたら、髪の毛の形成に必要とされているミネラルである亜鉛とヨウ素を意識して摂ることをお勧めします。

 

亜鉛は、体内でのアミノ酸からケラチンへの合成のときに必要なミネラルであり、また薄毛や抜け毛の原因となる酵素を抑制するという働きももっています。亜鉛は、牡蠣や煮干し、レバーなどに多く含まれています。またヨウ素は、髪の生成に必要とされる成分の1つで、海藻類に多く含まれています。ただ、このヨウ素は、摂りすぎると甲状腺機能に異常をもたらしてしまう恐れがあるので、適量を心掛けて摂ることをお勧めします。

 

細胞分裂の手助けをしてくれるビタミン類

 

ビタミン類も健康的な強い髪の毛の生成にはとても大事な役割を果たしてくれる栄養素となっています。ビタミン類は、細胞分裂のサイクルの働きを助けたり、皮膚の代謝を活発にしてくれたりという働きがあります。健康な髪の毛を作り出すためにもとても大切で、特に、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、が髪の毛の生成に関わっています。ビタミンAを多く含む食品としては、レバー、うなぎ、しそ、ほうれん草などがあります。ビタミンB群は、豚肉、マグロ、サバ、しじみ、牛乳、納豆などがあります。ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類、カボチャ、アボカドなどが上げられます。

 

 

このように、髪の毛に良いとされる栄養素を積極的にかつ適量に接種することを心掛けて、薄毛対策をしてみることをお勧めします。